自まつげ

まつげ育毛剤とまつげ美容液の違いって?

普段は特に意識するでもなく、どこかしら一色単に捉えがちの感もある「まつげ育毛剤」と「まつげ美容液」ですが、実際には全く異なる製品です。
皆さんは双方の相違点、キチンと理解されているでしょうか?
このように実際にその違いに着目して掘り下げて行くと、更にこれらが細分化されている事に気づきます。

それが「まつげ育毛美容液」「まつげ専用美容液」「薬用まつげ育毛剤」など、各々の名称が異なっている現状です。
果たして単なる単語のチョイスが違うだけなのか、各々が全く異なる効能を有する製品なのか、難しく感じてしまって当然でしょう。
今日市場に溢れる広告の謳い文句を検証すれば、そこには次に挙げる文言表現が並んでいます。

いずれもその製品をまつげに用いる事で得られる効果を語っています。
「伸ばす」「濃くなる」「太くなる」「増える」「育つ」「抜けにくくなる」などですが、この微妙な違いが鮮明にイメージ出来ない人も少なくないでしょう。
現在の市場では、まつげ美容液とまつげ育毛剤の明確な違いをハッキリと説明出来ないのが現状だと思われます。

たとえば「育毛効果を有するまつげ美容液」という表現から、数ヶ月用いた後の自身のまつげの状態を推察する事は正直困難でしょう。
それでも各々の単語が持つ意味や効能を更に掘り下げ細分化すると、次の通り一応の区別が可能です。
まずはまつげ育毛剤ですが、こちらは毛根や毛母細胞に栄養を与え発毛を促進する事で、まつげのボリュームや密度をアップさせる効果が期待されます。

まつげとまつげの間に新たなまつげが発毛するケースもあり、まつげに十分な栄養分が供給される事で太く濃いまつげへの変化も見られます。
対してまつげ美容液ですが、こちらは発毛効果を期待する製品ではなく、現在生えているまつげのコンディションを改善し、良好な状態をキープする効果が期待される製品です。
また新たに生えて来るまつげを最初から健康な状態のまま生育する効能も含んでいます。

いずれも日本語の微妙な表現の違いがポイントですので、パッケージや宣伝文句だけでは正確な判断が難しいのは致し方ありません。
含有成分を確認し、理解出来なければインターネットなどを活用してそれらがもたらす効能をチェックする、あるいは販売店の専門スタッフに直接質問するなどの作業も大切です。
正直面倒な作業に感じられるかと思いますが、期待される効能に違いが存在する事を踏まえ、自身にマッチした製品を選択使用しましょう。

Copyright© 2011 眉にも髪にも必要は栄養素 All Rights Reserved.