自まつげ

まつげ育毛剤の効果的な使い方

まつげに育毛効果が期待出来る美容液などが人気注目を集めている事は、既に皆さんも耳にされているかと思います。
眼球という人体の中でも非常に繊細なパーツの直ぐそばに生えている弱いまつげですので、簡単に抜け落ちてしまうため、十分な長さに生育するまでに切れたり抜けたりしてしまいます。
まつげ育毛剤はこのような耐久力に乏しいまつげに十分な栄養を与え、より強く艶やかで長いまつげの実現を補助してくれる存在なのです。

そんなまつげ育毛剤は、おり効果的な使い方を実践する事でより一層の効能を実感出来るのです。
そこで着目すべきなのが、まつげ育毛剤を「どのタイミングで用いるのか」「どのように使用するのか」というポイントです。
自身のまつげの成長具合にマッチした用い方を継続実践すべきなのです。

まずは以下各々を徹底しましょう。
「毎日用いる」「洗顔後に用いる」「まつげの根元に塗る」の3つを守ってください。
更に各々に関し、補足説明しておきます。

第一に「毎日用いる」べき理由ですが、これは髪の毛や肌のケアに共通しています。
1日過ごせばそれだけまつげはダメージを負っていますので、翌日に引き伸ばさず当日中にケアする事が重要です。
次に「洗顔後」というタイミングですが、これはまつげや毛穴周辺の汚れが除去された状況だからこそ、まつげ育毛剤の成分がより確実に吸収されるのがその理由です。

まつげ付近の皮膚の吸収率がベストな状態を逃さない事がポイントです。
そして「根元に塗る」店ですが、目に混入して眼球に無意味な刺激を与えぬ様、慎重にまつげの毛根にしっかり塗り込むようにしましょう。
製品によってはマスカラのようなブラシが付いている物もありますが、指でしっかり塗り込むスタイルがお薦めです。
その他、人間の身体が栄養を吸収し、痛んだ細胞が復活しようとする時間帯は夜眠っている間です。

具体的には22時から翌朝2時の間が最も吸収率が高いとされています。
この時間帯直前にまつげ育毛剤を塗っておく事で、より効率良く成分を吸収させる事が期待出来ます。
皆さんそれぞれの日々の生活スタイルやサイクルを思えば、まつげ育毛剤のより確かな効能を最優先出来ないケースも多々考えられますが、可能な範囲で参考にしていただければ幸いです。
また一朝一夕の速攻性は期待出来ませんので、中長期的に根気良く塗り続ける姿勢で臨む事も忘れてはなりません。

Copyright© 2011 眉にも髪にも必要は栄養素 All Rights Reserved.