自まつげ

買う前に知っておきたい育毛剤のチェックポイント

育毛剤と一括りに語ってしまっては、的確に育毛剤を理解しているとは言えません。
何より大切なのは自身の髪と頭皮の状態を正確に知り、改善すべき症状にマッチする成分を含む育毛剤をチョイスする事なのです。
まずは抜け毛の原因についてですが、人は誰も抜け毛を繰り返している点を見逃してはなりません。

一定期間生え続けた古い毛は抜け落ち、新しい毛と順次生まれ変わっているのです。
抜け毛の頻度が増してしまい、新たな髪の毛が追いつかない状況が「薄毛」なのです。
こうした症状の原因には遺伝も関係していますが、頭皮付近の血行不良が1番の原因とされています。

他にも頭皮の乾燥や皮脂の分泌過多など、頭皮が適正な状態に保たれていないが故、健康的に毛が生えて来なくなっているケースも少なくありません。
過度な洗髪、シャンプーの成分の不適合などが結果、頭皮にダメージを与えてしまっているのです。
すなわち「先天的な原因」「身体の内側からの原因」「外側からの誤った刺激が原因」など、抜け毛を誘発している原因はさまざまだと言えるのです。

そこで購入すべき育毛剤のチェックポイントですが、育毛剤には次に挙げる効果を届けてくれる諸々のタイプが存在する事を知っておきましょう。
先ずは「男性ホルモンの分泌をセーブするタイプ」で、これは体内の男性ホルモン過多が原因の抜け毛の防止改善にマッチします。
次に「血行促進効果が得られるタイプ」で、こちらは頭皮周辺の血行不良改善にマッチしています。

更には「毛母細胞の働きを活性化するタイプ」も市販されており、こちらは弱ってしまっている新しい毛を作る毛母細胞そのものにダイレクトに栄養を与える事で発毛促進を狙います。
「毛根に栄養補給するタイプ」も同じ視点から用いられる育毛剤です。
このように育毛剤は適材適所の抜け毛や薄毛防止のアイテムです。

仮に遺伝的に男性ホルモンの体内分泌過多で薄毛の方が毛根に栄養を与えるタイプを使用し続けても、十分な効果は期待出来ません。
逆に毛母細胞が弱体化している人が体内のホルモンバランスを整える方向で治癒を試みても、同じくピント外れの努力となってしまいます。
自身の抜け毛や薄毛が何に起因しているのかを正確に判断し、その原因に1番効果が期待出来る成分を含んだ育毛剤を選択する必要があります。
単独で選択に迷ってしまった場合、専門店のスタッフや専門医に相談する事もお薦めです。
目先のお買い得感やエンドユーザーの主観からだけで語られた評判を鵜呑みにしてしまってはなりません。

Copyright© 2011 眉にも髪にも必要は栄養素 All Rights Reserved.