自まつげ

ミノキシジル育毛剤の効果と副作用

アメリカの世界有数の製薬会社ファルマシアアップジョン社が開発し、一躍注目を集めるミノキシジル育毛剤。
当初は血管拡張効能を活かし、高血圧治療薬として使用されていたところ、患者が多毛症を発症する副作用が確認された事に着目し、研究開発の結果育毛剤として世に送り出されました。
このミノキシジル、頭頂部の薄毛に絶大な効果を見せます。

血管拡張効能が頭皮の毛細血管にまで確実に浸透する事で、頭頂部の毛根や毛母細胞の1つ1つに血液を通じて十分な栄養素を届ける効果を見せ、結果元気な髪が復活するのです。
対して生え際やM字状におでこが広くなる症状への効果はあまり見られないのも特徴です。
それでも現在プロペシアと並ぶ最高の育毛剤として周知されており、その効力の素晴らしさは他のさまざまな育毛剤の比ではないと断言出来る存在です。

但しこれだけの効力を有する以上、表裏一体で副作用の懸念が潜む育毛剤である事もまた、真正面から捉えておかねばなりません。
先に述べた優れた育毛剤のプロペシアの副作用は比較的軽く、特に大きな懸念を抱く必要はありませんが、対してミノキシジルの副作用は強く生じるリスクを有しています。
ちなみに最も多く確認されている副作用が頭皮に生じる痒みで、中にはアレルギー症状から炎症を生じてしまうケースもみられます。

頭皮に発疹、かぶれ、更にはフケ症を併発する場合もあり、一度発症すると身体的精神的な苦痛を伴い兼ねません。
また先に述べた通り、ミノキシジルは元来高血圧を抑制する目的で身体に投与されていた成分ですので、これが体内で作用して低血圧症を発症する人もみられるので要注意です。
普段から低血圧気味の方は使用に際し、細心の注意を払うべきです。

その他突然の眠気に襲われる、頭痛、体重増加やむくみ、性欲減退、動悸といった心臓と血管にまつわる所症状が発症する事例が存在しています。
いずれも急激な発症の場合、日常生活にも悪影響を及ぼす為、そうした兆候が自身の身体に生じていないかどうか冷静に自己判断する姿勢が大切です。
万一これらに該当する症状兆候が見られた場合、速やかに使用を中断の上、医師の診察を受けてください。

副作用は一時的な状態だと軽く捉えてはなりません。
こうした本来期待する以外のさまざまな症例に関しては、あくまで個人の体質やミノキシジルとの相性、またその時々の体調も大きく影響します。
中長期的に使用して何の副作用の兆候も見られぬ方も沢山おられますし、それまで平気だった人が突然体調に変化を覚えるケースもあります。

Copyright© 2011 眉にも髪にも必要は栄養素 All Rights Reserved.