自まつげ

育毛剤の効果が最も発揮される時間帯

せっかく育毛剤を用いる以上、少しでもより大きな効果が期待出来る時間帯に継続的に使用したいところです。
言うまでもなく私達は1日24時間、地球の自転のサイクルの中で生きる生命体であり、身体の無数の細胞1つ1つもこのサイクルに基づく動きを見せています。
新たな髪の毛を製造する毛根や毛母細胞が1日の中で最も活発に活動する時間帯、それは夜10時から翌朝2時の間というのが定説です。

髪の毛はこの時間帯に生育されますので、当然このタイミングに育毛剤が含む栄養素が細胞に行き渡るように用いるのがベストです。
同時に髪の毛は睡眠時間中に育ちますので、出来ればこの時間帯を睡眠時間に充当し、その直前の入浴後、頭皮が綺麗な状態で育毛剤を使用出来れば1番でしょう。
ですが現実社会の中で生活する私達にとって、比較的早い就寝時間と言えるこの日常サイクルを実行出来る人は決して多くありません。

この時間帯にまだ仕事中という方も大勢おられるのが現実です。
そうした方々はせめて、就寝前に入浴洗髪で頭皮の余分な皮脂や汚れを洗い落とし、清潔な状態を整えた上で就寝前に育毛剤を使用する習慣を続けて見ましょう。
睡眠時間中に髪の毛が育てられる事には違いありませんので、自身にとって最も効果が期待出来る時間帯に育毛剤の効能を頭皮に与える事が重要です。

更に注意点として、最も効果的なのが夜の10時から翌朝2時だからと言って、単純にその時間帯に育毛剤を用いる「だけ」でも元来の効果は期待出来ません。
この時間帯を無理矢理睡眠時間に充当したとしても、結果慢性的な睡眠不足や細切れの睡眠では意味がありません。
育毛剤が私達に届けてくれる育毛効果を最大限摂取するには、自身の身体のコンディションがしっかり受け入れ態勢を整えていなければなりません。

この事を最優先に、可能な限りここでお話した時間帯を睡眠あるいは身体を休める時間帯に充当出来る様、可能な限り生活サイクルを工夫してみましょう。
特に大都会の生活は24時間眠らない世界と言えますが、太古の地球が育んだ生命体である私達の細胞1つ1つは、日付変更性付近を今も記憶しているのでしょう。
宇宙そして地球のサイクルに逆らわず、身体を休めるべき時間帯に髪の毛はメンテナンスを施されるのです。
早寝早起きの習慣は「三文の得」のみならず、健康で太く艶やかな髪の毛を維持する、あるいは取り戻す上でも十分プラスとなる事、間違いないのです。

Copyright© 2011 眉にも髪にも必要は栄養素 All Rights Reserved.