自まつげ

生え際に効く育毛剤ならこれ!

一旦脱毛状態となってしまった生え際の再発毛は非常に困難、というのが一般的な見識です。
男性型脱毛症(AGA)の中でも、頭頂部の薄毛の改善は比較的期待出来るのに対し、生え際に効能が確認されている発毛剤あるいは育毛剤は殆ど見当たらないのが現状です。
世界初のFDA認可の優れた育毛剤として知られるミノキシジルであっても、生え際への効果は期待薄なのが厳しい現実です。

そんな状況下、プロペシアであれば生え際やM字状の禿げ上がりにも一定の効果が期待されると判断されています。
但し確実な効果が謳われている訳ではなく、薄毛が完全に進行してしまった状態であったり、毛根や毛母細胞が完全に死滅状態で全く毛が生えない頭皮状態からの発毛までは期待出来ません。
現存する最高の育毛剤であるプロペシアを用いても、重度の薄毛や抜け毛状態の頭皮に新たに毛を生やす事は至難の業なのです。
私達の生え際には脱毛の要因となる男性ホルモンDHTが非常に多く存在しており、このDHTの活動を抑える事が脱毛抑制に繋がります。

この予防手法は生え際のみならず頭頂部にも共通しています。
今日プロペシアを初めとするDHT抑制効果を謳う育毛剤あるいはサプリメントが市場に存在していますが、やはり生え際への効果を確認した報告事例は殆ど存在していないのです。
この理由に関しては、残念ながら現在の研究では解明されておらず、今日も更なる研究が進められている段階なのです。

そんな生え際に効果が期待出来る発毛剤として「ザンドロックス」「ミノキシジルタブレット」などが存在しています。
ちなみにザンドロックスとは生え際の発毛効果に期待出来るとされる、非常に高濃度のミノキシジルの製剤の名称です。
非常に濃度が高く強い製剤で治癒したい局所へ用いる使用法が薦められている、あくまで育毛の上級者対象の製品だと捉えておいてください。

輸入代行業者を通じて調達が可能ですが、初心者や中級者の使用には大きなリスクが伴う事をハッキリとお伝えしておきます。
忘れてはならない注意点として、ここでご紹介の各製剤はいずれも成分濃度が非常に高く、それだけ潜在的な副作用のリスクが潜んでいる事を挙げておきます。
初心者が限られた情報を鵜呑みにして安易に用いてしまった場合、元来得られる正しい効能ではなく体調不良などマイナスの状況を招き兼ねないのです。
実際に使用に踏み切るのであれば、専門知識を十分理解の上、使用方法厳守を徹底しなければなりません。
そして言うまでもなく、僅かでも違和感を覚えた場合は躊躇わず使用を中断の上、速やかに医師の診断を受けてください。

Copyright© 2011 眉にも髪にも必要は栄養素 All Rights Reserved.